リンベル、カタログ通販「日本の極み」をリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンベル(株)は2日、同社が運営するオリジナルギフトブランド「日本の極み」の商品ラインアップを拡充し、通販カタログ「日本の極み Premium Gift Selection」をリニューアルした。

 

 

鳥取県産の梨「新甘泉」など8県の地域産品を追加

 今回のリニューアルでは、新たに8県の地域産品を追加。鳥取県産の梨「新甘泉」や長崎県産のびわ「なつたより」、三重県産の活伊勢海老や松坂牛、神奈川県の横浜銘菓「横濱ハーバー」を製造する「ありあけ」、リンベルで共同開発したスイーツなど84点を新たにラインアップした。これにより掲載点数は275点、掲載都道府県は31となった。

 

 新商品の一例として、鳥取県産の梨『新甘泉」は、08年に登録された新品種の赤梨で、名前に「甘」の文字が入っている通り、糖度が高いのが特長。8月下旬~9月上旬までの約2週間しか味わえない貴重な梨として知られる。内容量は5kg(10玉)、価格は8640円(税込)。

 

 長崎県産のびわ『なつたより』は、やや丸みを帯びた卵形のびわで、平均果重は約60g。糖度は13度前後、果肉は厚みがあって柔らかく、果汁が多いのが特長。収穫は5月上旬から中旬までの短期間に行われる。内容量は1kg(12個)、価格は1万800円(税込)。

 

 「日本の極み」は、日本全国の生産者やメーカーとパートナーシップを結び、安心・安全、高品質にこだわって企画・開発した農畜産物・加工品を紹介するオリジナルギフトブランド。創業から30年間、カタログギフト事業を通じて培った日本全国の生産者やメーカーとの繋がりを構築してきた同社が、日本全国から産地直送する物流システムを活かし、旬のものを販売している。また、季節限定・数量限定・賞味期限など、通販で販売するには難しい商品を扱うことにも敢えて挑戦し、生産者からユーザーに産地直送で届けている。

 

「日本の極み」

関連記事