ロコンドとラオックス、共同出資でニッセン子会社のシャディ買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ラオックスと(株)ロコンドは3月26日、両社の共同出資により、(株)ニッセンホールディングスの子会社でギフトショップ「サラダ館」を運営するシャディを買収すると発表した。持株比率はラオックスが60%、ロコンドが40%となる。

ニッセンから全株式を取得、IT・物流など効率化へ

 株式の取得は、ロコンドが単独で設立した投資会社LCapital TOKYO(株)により行われ、シャディの株式を保有するニッセンホールディングスから全株を取得。その後、ラオックスがLCapital TOKYOの第三者割当増資を引き受け、シャディを子会社化する。このうち約40%の株式については、ロコンドが所有する。

 

1 2

関連記事