2018.3.30

honto、書籍配送に清涼飲料配送会社の物流網活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)トゥ・ディファクトは29日、ハイブリッド型総合書店「honto」の通販ストアで、注文された書籍の配送の一部に、清涼飲料を配送する幸楽輸送(株)の物流網を活用すると発表した。幸楽輸送はトゥ・ディファクトと同じDNPグループの運送会社。同取り組みの開始により、これまで外部の運送会社に委託していた配送は幸楽輸送が担う。

 

書籍と清涼飲料を混載配送

 同社では、複数の企業が協力して行う「エコシステム」により物流負荷を軽減する取り組みを推進しており、今回の試みはその一環。「honto」の通販ストアで北海道からの注文があった場合に、これまで「MARUZEN&ジュンク堂書店・札幌店」から直接出荷していたが、今後は清涼飲料を配送する幸楽輸送の物流網を利用して、書籍と清涼飲料を混載して配送する。

 

 具体的には、幸楽輸送が北海道内に配送する定期便の拠点に「MARUZEN&ジュンク堂書店・札幌店」を加え、書籍購入者の地域に近い拠点までは、従来の定期便を利用して書籍を配送する。

 

 「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善・ジュンク堂書店・文教堂・啓林堂などのリアル書店を連携させた総合書店。「読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で」提供する。18年3月現在の会員数は約440万人で、honto.jpサイトと共通で利用できるhontoポイントのサービス導入書店は193店舗に達している。

 

「honto」

「honto(通販ストア)」

関連記事