2018.3.29

国交省、大規模倉庫の防火シャッター基準見直し…アスクル火災で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省住宅局建築指導課は27日、アスクル(株)の倉庫火災を踏まえた防火設備の基準を見直す告示を公布した。施行は4月1日から。

 

 

倉庫のケーブルは耐熱性の材料で被覆を義務づけ

 今回の改正で5万m2以上の大規模倉庫については、短絡(許容電流を超える電流が流れることによる発熱・発火)を防止する措置として、措置電気配線が感知器に接続する部分に、耐火電線に用いるマイカ素材のテープなど耐熱性を有する材料で被覆すること、あるいは、その他の短絡を有効に防止する措置を講じることを求めている。さらに、短絡の影響を局限化する措置として、短絡が発生した場合にその影響が防火区画された部分以外におよばないよう、断路器などを設けることとした。(スプリンクラー設備などの自動式の消火設備を設けた部分を除く)

 

1 2

関連記事