2018.3.28

絵本ナビ、育児情報誌「miku」の事業を譲り受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絵本の情報サイトや通販事業を手掛ける(株)絵本ナビは27日、(株)ブライト・ウェイから育児情報誌「miku」事業を譲り受け、編集・発行元として事業展開すると発表した。同事業は4月1日から開始する予定。

 

 

絵本ナビのウェブメディアにコンテンツを転載、紙媒体との連動企画も

 育児情報誌「miku」は、「子どもと私が育つ!楽しむ!」をテーマとした育児情報誌。産婦人科や小児科、保育園、コンビニエンスストアなどを中心に無料配布している。発行部数は13万2000部、発行サイクルは年3回(3・7・11月発行)、配布エリアは日本国内と上海2600カ所以上。

 

 誌名のmikuは「将来、素敵な未来が来るように」との願いから、「未来」=「ミク」と名付けられた。また、「ミク」=「39」=「産休」という意味も含まれる。

 

 譲渡対象は、育児情報誌「miku」ならびに「miku」に付随するコンテンツ、著作権、商標など。今回の譲渡により、配布される産科・小児科や保育園、託児施設とのつながりが構築できることに加え、記事制作の協力者(子育て業界および小児科医をはじめとした専門家)とのネットワークの形成が可能になる。さらに「miku」の記事を絵本ナビのウェブメディアに転載することにより、webと紙媒体を連動させた企画も充実させる。なお、同誌編集長は、創刊直後から編集長を務める髙祖常子氏が引き続き務める。

 

「絵本ナビ」

 

関連記事