2018.3.26

ネットプロテクションズが台湾に子会社、海外展開本格化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ネットプロテクションズは23日、初の海外拠点となる「日商恩沛股份有限公司」(份=にんべんに分)を台湾に設立し、台湾への本格的な事業展開を開始すると発表した。同社ではこれを機に海外展開を進め、グローバルな人材採用や機会創出をさらに加速させる考え。

 

 

個人向け「後払い」、企業向け「掛け払い」サービスを海外でも提供

 近年、急速に成長するアジアのマーケットでは、信用情報不足を要因とする障害が発生。政府主導でキャッシュレス化を目指す国が多い反面、クレジットカードやデビットカードの利用率は低く、依然として現金決済が中心となっている。また、企業間決済でも、請求業務の手間や未回収のリスク、キャッシュフローの不安定さなど、数多くの課題が存在している。

 

 そこで同社の主要サービスである個人向け決済サービス「NP後払い」および企業向け決済サービス「NP掛け払い」を海外向けに提供することを決定。18年第2四半期を目処に後払い決済の提供を始め、20年には流通総額300億円を目指す。

 

 海外展開第一弾となる台湾では、「NP後払い」および「atone」の仕組みを活用し、同国向けにローカライズした後払い決済の開発を進めている。今後、スマートフォンアプリ、ウェブブラウザ上でサービスを提供し、ECサイトで商品を購入後、コンビニエンスストアや銀行振込での支払いを可能とする。

 

「ネットプロテクションズの歩み(同社HP)」

 

関連記事