2018.3.23

生協2月度総供給高は103.1%、宅配は35カ月連続で増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生活協同組合連合会(生協連)が22日発表した「全国66主要地域生協の2018年2月度の供給状況(速報値)」によると、2月の総供給高は前年同期比103.1%の2182億7300万円だった。18年度のうち、前年対比で最も高い伸び率を記録した。

 

 

店舗が4カ月連続でプラス

 店舗供給高は同100.5%の743億9700万円と4カ月連続でプラスとなった。宅配供給高は同101.4%の1378億7100万円、その他供給高が同114.8%の60億400万円だった。

 

 総供給高に対する構成比は、店舗が34.1%、宅配が63.2%、その他が2.8%。店舗供給高では、農産・畜産が好調だった。宅配供給高は35カ月連続で前年超過となった。

関連記事