2018.3.19

アスクル3Qは黒字に、売上高は過去最高の2640億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が16日発表した18年5月期第3四半期(17年5月~18年2月)は、売上高が前年同期比4.9%増の2639億7800万円、営業利益が同41.2%減の39億3600万円、純利益が46億5000万円(前年は29億2500万円の損失)となった。売上高は同四半期累計で過去最高となり、利益面では通期利益目標を達成した。

 

EC分野のBtoB事業好調などから増収に

 第3四半期では、主力分野のeコマース事業のBtoB事業が前年同期比3.7%の増収と順調に推移したことなどから同4.9%の増収を達成。一方、販売費と一般管理費については、「AVC日高」などの新設物流センターで物流設備などが導入途上にあることから物流変動費が一時的に増加した。また、「AVC関西」の地代家賃などの影響で営業利益は減益となった。四半期純利益は、「ALP首都圏」と「ALP福岡」の売却で、黒字に転換している。

 

1 2

関連記事