2018.3.16

楽天、社会起業家との協働プログラムの募集開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天は15日、社会起業家と協働して社会課題の解決を目指す「Rakuten Social Accelerator」プログラムへの参加者の募集を開始した。

 

 

 「Rakuten Social Accelerator」は、社会起業家と楽天社員がプロジェクトチームを組成し、テクノロジーを活用して社会課題解決に取り組む、半年間限定の協働プログラム。同社は、事業を通じて培ったインターネット領域での知見を活用し、社会起業家が取り組む事業を支援する。

 

選考会実施し、上位5社とプロジェクト組成へ

 今回の募集では、15日から5月15日の期間内にエントリーした団体を対象に書類選考を実施。4月4日に楽天クリムゾンハウス(本社)で社会起業家向けのプログラム説明会を開いた後、6月15日の最終選考会で同プログラムに参加できる上位5社(予定)を決定する。

 協働期間は7月2日~12月28日。稼働期間中は月に一度のミーティングと、中間報告会の実施する。楽天社員や外部に対する成果発表会は来年1月26日を予定している。

 

■Rakuten Social Accelerator

関連記事