2018.3.14

ヤッホー、かつお節のクラフトビール『ソーリーウマミIPA』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラフトビールを通販などで展開する(株)ヤッホーブルーイングは14日、かつお節を原料に使用したクラフトビール『SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)』の発売(4月1日)に先がけ、同社が経営するビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS 赤坂店」(東京都千代田区)で、新商品の発表会を開催した。

 

「ソーリーウマミIPA」の缶を手に持つ井手直行社長

 

発泡酒から「ビール」に昇格

 クラフトビールはこれまで発泡酒の扱いだったが、4月の酒税法改正でビールに使用できる原材料が追加されたことで、4月以降は「ビール」に区分される。『SORRY UMAMI IPA』は、米国のみで販売していた商品で、米国では「ビール」として販売されていた。4月の酒税法改正で、果実、香辛料、ハーブ、そば・ごま、かき・こんぶ・わかめ・かつお節などが、ビールに使用できる原料として認められたことで、同社は米国で人気の同商品を、国内でも販売することにした。

 

 

 

1 2

関連記事