日通、伊ファッション物流企業「トラコンフ」を190億円で買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本通運(株)は7日、子会社の欧州日本通運湧現会社を通じて、イタリアのファション物流を手掛けるTraconf S.r.l.(トラコンフ、以下Traconf)を買収すると発表した。取得金額は1億1450万ユーロ(約190億円)。

トランコフは欧州や米国、中国で物流業務を展開

 Traconfは、イタリア・ヴェローナに本拠地を置き、ファッション、ライフスタイル関連の倉庫保管・配送サービスを中心とする事業を、イタリアをはじめ欧州や米国・中国などで展開している。

 

 日本通運グループでは、世界各国で物流を核としたサプライチェーンソリューションを提供しており、海外で成長が見込まれる地域・事業におけるネットワークの拡充に向け、集中的に投資を行ってきた。また、13年には、イタリア・フィレンツェのアパレル関連フォワーディング事業を展開するFranco Vago S.p.Aを買収。アパレル関連分野における高品質な物流サービスの基盤を形成している。

 

 日本通運では、今回の買収により同社グループのファッションロジスティクス事業を飛躍的に発展させることができると期待。加えて、TraconfとFranco Vagoの連携により、両社が有する顧客の相互アクセスが可能になると見込んでいる。また、客顧客に対して、国際間輸送から製品の保管、市場への配送に至るまで、ワンストップ型の一貫したロジスティクスサービスを提供できるとしている。

 

日本通運

 

関連記事