16年ECサイト構築市場、14%増の129億円…自社EC増で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITコンサルティング・調査会社の(株)アイ・ティ・アールが2月27日発表した調査レポート「ECサイト構築/決済代行/CMS/SMS送信市場2018」によると、16年度の国内ECサイト構築市場の売上金額は前年度比14.1%増の129.1億円だった。

 

 同調査は、ECサイト構築ベンダー16社のほか、決済代行サービス、CMS、SMS送信分野の国内ベンダー計43社を対象として調査した内容を集計・分析したもの。

 

 

アパレル分野で自社ECサイト構築増加、食品では定期通販システムの導入が加速

 16年度は、利用者の嗜好分析機能やマーケティング機能など、製品・サービスの高機能化に伴って案件が大型化したことが要因となり、国内ECサイト構築市場は同14.1%増の高い伸びとなった。今後も、ネットショップやネットショップ利用者の増加が予想されることから、16~21年度のCAGR(年平均成長率)は11.1%になると見込んでいる。

 

1 2

関連記事