2018.2.27

千趣会、地域企業活性化ファンドから70億円調達…AIなどを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会は26日、ファンド運営会社のREVICパートナーズ(株)が運営管理する地域中核企業活性化投資事業有限責任組合との間で投資契約書を締結し、第三者割当により70億円の資金を調達すると発表した。

 

 調達した資金は、ベルメゾン事業の専門店化構想を支えるECプラットフォーム構築などに係るシステム投資(約35億円)と、ブライダル事業・子育て支援事業の拡大や通信販売事業とのシナジー創出に向けた新規投資(約32億円)、都市部での新ブランド展開やPB商品開発(残額)に充てる。

 

 

「ベルメゾン事業の専門店化」にAIなどを活用

 このうち「ベルメゾン事業の専門店化」では、顧客応答や需要予測、商品発注などを使用用途としたAIなど新技術の導入、専門店特化型のためのスマートフォン・アプリケーション開発に資金を投入する。ブライダル事業などでは、学童保育事業や保育園サポート事業などの展開、サービス事業と通信販売事業の相互送客、共同商品開発、コンテンツの提供などに用いる予定。

1 2

関連記事