2018.2.27

一人暮らし準備、「家具を通販で購入」は36%…千趣会調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会が26日発表した「2018年一人暮らしの準備」に関する調査結果によると、一人暮らしをしている、または一人暮らしを予定している人のうち、通販で家具を購入した(する)と答えた人の割合は、36.5%にのぼることが分かった。

 

 同調査は、全国の20歳代の男性207人、女性207人(計414人)を対象としたインターネット調査(調査機関:マクロミル)によるもので、調査期間は2月10日~13日。

 

一人暮らし中の人は「ネット購入」や「まとめ買い割引」で準備費用を削減

属性Aは、3カ月以内に一人暮らしの予定がある人(104人)で、一人暮らし用に家電・電子機器・家具・雑貨(キッチン・トイレ・バス・インテリア)などのアイテムを購入する予定がある人、属性Bは、3年以内に一人暮らしを始めた人(310人)で、何らかのアイテムを購入したことがある人となっている。

1 2 3

関連記事