2018.2.23

ハンドメイドの「tetote」と「minne」がサービス統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOインターネットグループのGMOペパボ(株)は22日、ハンドメイド事業拡大を目的に、同社のハンドメイドマーケット「tetote(テトテ)byGMOペパボ」を「minne(ミンネ)byGMOペパボ」に統合すると発表した。今回の統合により「tetote」の決済機能を3月30日に停止。6月25日に同サービス終了する。

 

 

「お引越しサポートツール」で引き継ぎ

 同社では、ハンドメイド事業を主力事業のひとつに掲げ、「tetote」「minne」の両サービスを展開。「tetote」は11年6月のサービス開始以来、ハンドメイド作品を出品・購入できるWebマーケットとして、30~40代女性の支持を得ている。一方、「minne」では、アクセサリーから食品まで幅広い作品カテゴリを取り扱っていることから、現在では作家数約40万人、作品数約700万点、年間総流通額100億円超のハンドメイドマーケットとして、ハンドメイド市場を牽引している。

 

 統合に伴い、「tetote」の出品データを「minne」へ簡単に移行できる「お引越しサポートツール」を28日に公開。「tetote」の作家は、「minne」への作家登録を行うことで、これまでの活動が引き継げる。また、「tetote」の利用者(購入者)についても、「minne」への登録により、引き続きハンドメイド作品が購入できる。

 

 現在「minne」では、『ぼく・わたしだけの 入園・入学アイテム』特集を実施しており、「tetote」の利用者に親和性の高いコンテンツの充実を図っている。また、4月27日~29日に東京ビッグサイトで開催される「minneのハンドメイドマーケット2018」では、現在「tetote」で活躍する作家も出店する予定。

 

■「tetote」サービス統合のお知らせページ

関連記事