2018.2.22

宅配ロボット『キャリロデリバリー』でカルガモ機能の実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZMPはこのほど、宅配ロボット『CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)』に物流支援ロボット『CarriRo(キャリロ)』を追従走行させる実証実験を実施した。

 

 

ビジネスパートナーの募集開始

 『CarriRo Delivery』は、同社が「歩道を自動で移動する宅配ロボット」として開発し、実用化に向けて実証実験を進めているもの。カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら、最大時速6kmで自動走行し、荷物を目的地へ届ける。同ロボットには自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術が応用されており、物流のラストワンマイルの課題解消、日々の買い物を手助けすることなどを目標としている。

 

1 2

関連記事