2018.2.21

楽天コム、クラウドコンタクトセンターサービスを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天コミュニケーションズ(株)は4月から、大規模コンタクトセンターのさまざまな顧客チャネルに対応したクラウドコンタクトセンターサービス「Connect Storm(コネクト・ストーム)」の提供を開始する。

 

 

世界での実績豊富なクラウドプラットフォームを利用

 「Connect Storm」は、同社が提供する「コネクトシリーズ」の新サービス。さまざまな顧客チャネルに対応し、複数のサードパーティシステムとの連携が可能なクラウドコンタクトセンターサービスで、世界で多くの実績をもつContent Guru, Ltd.(本社:イギリス)のコンタクトセンター向けクラウドプラットフォームを採用している。

 

 「Connect Storm」は、「Salesforce」や「Microsoft Dynamics」などの主要なCRM・SFAサービスとの連携が可能。独自の簡易CRMも提供できる。また、コンタクトセンター全体の稼働状況が一目で分かるレポート機能を採用。AI活用も可能で、リアルタイムレポート作成時には好みのデザインでダッシュボード表示ができるなど、統計分析のための連携ツールを提供している。

 

 最短3週間で開通でき。フロー変更も即時対応できるため、急激なアクセス増加や、大型案件の受託時など、さまざまな状況に応じたブースの増減に対応できる。

 

 利用料金は、月額基本料金(1席あたり)1万2000円から(※PBX機能、IVR、Voicemail、電話会議、ACD、モニタリング、ウィスパリング、ヒストリカル、リアルタイムレポートなど含む)。最低利用期間は1カ月から。

 

■「コネクト・ストーム(Connect Storm)」

関連記事