2018.2.14

クルーズQ3は減収減益、「SHOPLIST」売上190億円達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルーズ(株)が9日発表した2018年3月期第2四半期(4~12月)連結決算は、売上高が前年同期比17.9%減の192億1300万円、営業利益が同58.2%減の7億7600万円、純利益が同87.2%減の3億9200万円となった。インターネットコンテンツ事業(ゲーム事業)を16年11月に売却した影響で減収減益となったが、事業開始から5年目となるSHOPLISTは好調に推移した。

 

 

「SHOPLIST」は好調

 事業開始から5年目となるSHOPLISTは、売上高190億円超を達成。ゲーム事業売却に伴う売上の減少をSHOPLIST事業の成長で補う形となった。営業利益は、SHOPLIST事業が前年同期比で約1億7200万円の増益だったのに対し、インターネットコンテンツ事業が約8500万円の減益となったことなどから、全体では3671万円の減益となっている。

 

 セグメント別では、SHOPLIST事業の売上高が前年同期比9.6%増の163億8375万円、セグメント利益が同51.1%増の8億6213万円を計上。セグメント利益率は同2.4ポイント増の5.7%となり、利益率の改善が進んだ。

 

 インターネットコンテンツ事業の売上高は同73.9%減の21億4749万円、セグメント利益は同68.8%減の4億2840万円。16年にエレメンタルストーリーを除くすべてのゲームタイトルに関する事業とそれに関わる人材に関して、会社分割および株式譲渡を実施したことに伴い、売上高・セグメント利益ともに減少している。

関連記事