2018.2.13

インアゴーラ、自社倉庫を「豌豆公主」ショールームとして開放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インアゴーラ(株)は8日、同社の東京・青海倉庫の一部を、越境ECプラットフォーム「豌豆公主(ワンドウ)」のショールームとして、一般ユーザーに開放した。

 

 

ショールームで化粧品・アパレル商品・食品などを展示

 ショールームの来場者は、「豌豆公主」で扱う約4万SKUの商品の中から、食品・化粧品・アパレルなどの人気商品約1200SKUを実際に手に取って試すことが可能で、各商品に付けられたJANコードを「豌豆公主」アプリのバーコードリーダーで読み込むことで、中国語で商品説明や口コミなどを見ることもできる。

1 2

関連記事