スキュービズムとクララオンライン、中国越境ECで提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)エスキュービズムと(株)クララオンラインは7日、中国での越境ECサービス分野で業務提携したと発表した。

 

 

 今回の業務提携で、両社は越境ECのインターフェース、アプリ(サイト)、中国での通信インフラ、物流コンサルの分野で、両社が持つノウハウを融合し、越境EC関連サービスを統合的に提供することが可能となった。

 

業務提携で両社の課題を解決

 エスキュービズムでは、ECサイト構築パッケージ「Orange EC」をベースに、越境ECサイト構築支援を行っているが、これまで物流・インフラの分野の課題をカバーできていなかったことから、物流・インフラサービスを強みとするパートナーを求めていた。クララオンラインは、通信インフラソリューション「極速中国」を展開し、物流・インフラサービスを強みとする一方、ECサイト構築については課題を抱えていた。

 

 今後両社では、越境ECサイトの構築に加え、より安定した通信インフラの整備・保守の提供や、現地物流に関するコンサルティングサービスなど、ワンストップで支援する。

 

 「Orange EC」は、単独のECサイト構築をはじめ、大規模なECサイトモール構築、オムニチャネル構築、グローバルECサイト構築、VR店舗の構築が可能な、ECサイト構築パッケージ。現在、960社を超える企業に導入されている。

 

 「極速中国」は中国向けWebサイトへのアクセス、コンテンツ配信などの速度を改善できる通信インフラソリューション。中国国内から日本のWebサイトにアクセスできない、表示速度が遅いといった課題を解決する。Webサイトのサーバを日本国内に設置したまま、中国に向けたECを展開できる。

 

■「Orange EC」

■「極速中国」

関連記事