大塚商会17年決算、「たのめーる」売上は5%増の1535億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)大塚商会がこのほど発表した2017年12月期連結決算は、売上高が前期比7.4%増の6911億6600万円、営業利益は同11.9%増の443億8600万円、純利益が同18.3%増の315億6000万円となった。

 

 

「たのめーる」登録口座は142万口座に

サービス&サポート事業の売上高は同5.8%増の2820億6400万円となった。オフィスサプライ通販「たのめーる」は、競争力を強化し、売上高は同5.1%増となる1535億円となった。

 

 「たのめーる」に登録された口座数については、15年の121万2623口座から、16年132万559口座、17年142万5046口座へと順調に成長。金額は「たのめーる」と「その他たのめーる事業」との合計で1555億2900万円に達している。

 

 18年度については、オフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」、サポート事業「たよれーる」を核として、新規顧客の開拓および取引顧客のさらなる深耕に注力。12月期(18年1月~12月)の連結予想業績は、売上高が同4.2%増の7200億円、営業利益が同6.6%増の473億円、純利益が同1.6%増の318億8000万円と見込んだ。

関連記事