ベルーナQ3、全セグメントで増収…グルメ・化粧品事業が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベルーナが1月31日発表した2018年3月期第3四半期(4~12月)決算は、売上高が前年同期比11.3%増の1219億9700万円、営業利益は同21.3%増の93億5200万円、純利益は同31.6%増の83億1800万円で、すべてのセグメントで増収を達成した。

総合通販は衣料品・家具雑貨が好調

 総合通販事業では、衣料品・家具雑貨などの売上が好調で、売上高は同6.5%増の614億400万円を計上。セグメント利益は、増収効果に加えて媒体費率の改善もあり、同5.3%増の38億1300万円となった。

1 2

関連記事