Eストアーが横浜信金と提携、ECの立ち上げなどを支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Eストアーは5日、神奈川県横浜市の横浜信用金庫(横浜信金)とビジネスマッチングに関する業務提携を行ったと発表した。今回の提携で、Eストアーは横浜信金の顧客に対し、EC事業の課題解決、事業拡大などを支援する。

 

 

横浜の専門店ECをEストアーが支援

 横浜信金の顧客は神奈川・横浜の事業者で、同地域は歴史や地域の特性が強く発揮される、専門店に適したメーカー・産直・ブランド・貿易品などが多いエリア。今回の提携では、Eストアーが創業以来20年間蓄積してきた膨大なデータ、他業種にわたる支援経験を生かし、システムからマーケティングまでを一貫して支援する。

 

 Eストアーは主な事業として、ネットショップ総合パッケージ「ショップサーブ」をはじめ、「Eストアーコンペア」「Eストアークエリー」などの販促システム、 ページデザイン・クリエイティブワーク、メディアプランニング・プロモーション、ロジスティック・オペレーションなどのマーケティングサービスを提供。創業以来、約5万社に対し、ECの立ち上げから運営までを支援し、EC事業戦略の設計・運営を代行している。

 

■「Eストアー」

関連記事