12月のネット詐欺、偽セキュリティ対策ソフトの詐欺が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクグループのBBソフトサービス(株)が1月31日に発表した「17年12月度のインターネット詐欺リポート」によると、12月は「ボーガスウエア配布サイト」が増加傾向にあったことが分かった。

 

 

「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」は減少

 同リポートは、BBソフトサービスの「Internet SagiWall(インターネットサギウォール)」で検知したデータをもとにした詐欺リポート。

 

 17年12月度の検知数は、前月比0.7%増の153万7457件だった。特に偽物のセキュリティーソフトやソフトウエアをインストールさせお金を騙し取る「ボーガスウエア配布サイト」の検知数が増加している。

1 2

関連記事