宅配の再配達率、10月は約15%…国交省は13%に削減を目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省が1月31日に発表した「宅配便の再配達率調査」で、2017年10月の宅配個数の総数は235万6547個、再配達数が36万5967個、再配達率は約15.5%だったことがわかった。国交省は宅配便の再配達削減に関する取り組みの成果を継続的に把握するために、今後は毎年4月と10月の年2回、宅配便の再配達率の調査を実施する。

 

 

再配達率は都市部17%・地方13%…都市部で高い傾向に

 同調査は、同日行われた総合物流施策推進会議の中で新たに策定された「総合物流施策推進プログラム」に基づき実施されるもの。同プログラムでは、「物流の透明化・効率化とそれを通じた働き方改革の実現」に関する取り組みのひとつとして「宅配便の再配達率の削減」を掲げ、目標値を13%程度に定めている。

1 2

関連記事