2018.1.31

不在時に宅配・家事代行者が「入ってくる家」プロジェクト開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ライナフは30日、生活協同組合パルシステム東京など5事業者と共同で、自宅不在時でも宅配や家事代行サービスが受けられる「サービスが入ってくる家」プロジェクトを2月下旬より開始すると発表した。

 

 

大田区のマンションで開始

 「サービスが入ってくる家」プロジェクトは、ライナフが提供するスマートロック「Ninja Lock」と、オートエントランス解錠システム「NinjaEntrance」などのIoT製品を活用することで、入居者の自宅不在時に、荷物の宅配や家事代行などの各種宅配サービスが家の中に入ってくることを可能にするもの。今回のプロジェクトでは、東京都大田区の賃貸マンション「ジニア大森西」(2月下旬竣工予定)の共有エントランス部に「NinjaEntrance」を設置し、「NinjaLock」を全36室(1LDK/47.77m2)の居室に取り付ける。

 

 サービスの利用時には、「サービスが入ってくる家」プロジェクトオペレーション専用のコールセンターで、電話による各事業者のサービススタッフの本人確認と、インターネットを経由した鍵の開閉を遠隔操作で実施。自室玄関ドアの開閉履歴は、スマートフォンの「NinjaLock」専用アプリから随時確認できる。また、スマートフォンアプリから確認できるクラウドカメラ「Safie(セーフィー)」と、錠前付きの室内扉を設置して玄関部の出入りの動きを撮影することで、居室不在時のセキュリティを強化する。

 

1 2

関連記事