2018.1.24

小口保冷配送サービスの国際標準化推進へ、日本主導で委員会設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は23日、「小口保冷配送サービス」に関する国際規格を開発するためのプロジェクト委員会が国際標準化機構(ISO)内に設立されたと発表した。同プラカード委員会により、小口保冷配送サービスの国際標準化に向けた第1回国際会議が今年6月頃に日本で開催される。今後、小口保冷配送サービスの国際規格が誕生すれば、世界各国で小口保冷配送の品質向上が期待でき、食品の越境EC拡大につながると考えられる。

 

 

国際議長と幹事は日本が担当、配送品質の向上に期待

 同プロジェクト委員会の設立は、日本からの働き掛けにより実現したもので、経産省の委託事業「保冷宅配便サービスに関する国際標準化」の成果でもある。

 

 同プロジェクト委員会では、輸送過程での積み替えを伴う保冷配送サービスについて、温度管理の徹底などの仕様に関する国際標準化が議論される。この中で日本は、提案国として、国際議長と幹事を派遣するほか、(一財)日本規格協会(JSA)が国内審議団体として、国際標準化活動の中核を担うなど、国際規格開発を主導する。

1 2

関連記事