2018.1.22

アスクル、日高市と初の災害時協定…AVC日高から食糧提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)はこのほど、埼玉県日高市との間で「災害時の食糧等の提供に関する協定」を締結した。

(左)谷ケ﨑照雄・日高市長 (右)当社社長・岩田彰一郎

地域に貢献する物流センターへ

 同協定はアスクルが締結する初の災害時協定で、日高市が災害に見舞われた際、アスクルが日高市内で運営している物流センター「ASKUL Value Center日高」(AVC日高)在庫品から日高市の協力要請に応じて、食糧や生活必需品を提供する。

 

 アスクルは2017年の物流センター火災をきっかけに、LOHACO専用の物流センターとしてAVC日高を新設。日用品や食糧などの生活必需品の在庫を潤沢に取り揃え、大量の商品を迅速で効率的に提供する物流機能を持つ。今回の協定で、災害発生時には日高市の要請に応じ、すみやかに食糧などを提供し、地域のライフラインとなる役割を担うことになった。同社は地域の暮らしに寄り添い、地域に貢献する物流センターの実現を目指す。

関連記事