2018.1.22

レオパレスの約7500物件で、「Amazon Echo」対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)レオパレス21は19日、同社物件に導入している「LeoRemocon(レオリモコン)」が、クラウドベースの音声サービスを提供するAmazonのAIスピーカー「Amazon Echo(アマゾン エコー)」に対応したと発表した。これにより、レオリモコン導入物件は、音声で居室内の家電操作が行えるようになった。

 

 

「ごみの日を教えて」にアレクサが回答

 「LeoRemocon」は(株)グラモが開発した「iRemocon(アイリモコン)」を、レオパレス21に向けに専用設計した商品。赤外線リモコンで動作する家電機器を自宅や外出先からスマートフォンでコントロールすることが可能で、スマートフォンを利用してホームオートメーションが実現できる機器として好評を得ている。同社では、「LeoRemocon」を16年10月から新築物件に標準採用。現在、全国で7486戸に導入している。

1 2

関連記事