2018.1.18

「ecコンシェル」導入企業が5000社突破、新機能リリースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)NTTドコモは18日、同社が提供する、高性能AIを搭載したWeb接客ツール「ecコンシェル」の導入企業が5000社を突破したと発表した。また、15日からユーザー行動(AIDMA)を可視化する新機能「ユーザーフロー」の提供を開始した。

 

 

 「ecコンシェル」は、(株)PKSHA Technologyとの共同開発で、人工知能(AI)技術を導入したWeb接客ツール。ウェブサイト内のアクセスログや購買履歴などのさまざまなデータをもとに、ユーザーの嗜好・行動に合った最適な商品やキャンペーンを自動で案内し、Webサイトのコンバージョン率を高めることができる。

 

1カ月無料のキャンペーンも

 これまでに同ツールを導入した企業は、アパレルや総合通販をはじめ、化粧品、旅行、電子書籍・音楽などのコンテンツ系、各種情報サイトなど。サービスを開始した16年6月から約1半年で、導入企業は5000社を突破している。

1 2

関連記事