ECの課題解決へ、EC専門展「イーコマースフェア2018」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UBMジャパン(株)は2月13日・14日の2日間、日本最大級のECソリューション専門展「イーコマースフェア 2018東京(第11回)」を、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する。同時に「マーケティング・テクノロジーフェア2018」「コンテンツマーケティングジャパン2018」も併催される。

物流、越境EC,BtoBビジネスに注目

 「イーコマースフェア2018」は、「スマート・ロジスティクスエリア」「インバウンド・越境ECエリア」「BtoB ソリューションエリア」の3つのテーマエリアで構成され、基調講演・特別講演・参加企業による60のセミナーや、100を超える製品・サービスの展示が行われる。

 

 「スマート・ロジスティクスエリア」では、AI(人工知能)搭載物流ロボットなど先進的な製品から国内・海外発送代行、物流フルフィルメント、WMS(倉庫管理システム)などの物流現場の省人化など、再配達や配送料の高騰、人材不足といった物流業界が抱える問題を解消する製品・サービスが集まった。

1 2

関連記事