2018.1.15

ユニクロのEC、売上25%増・構成比7%に上昇…ファストリQ1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファーストリテイリングが11日発表した2018年8月期第1四半期(9~11月)決算は、売上高が前年同期比16.7%増の6170億2600万円、営業利益が同28.6%増の1139億100万円、親会社の所有者に帰属する四半期利益は同12.7%増の785億4000万円となった。

「ユニクロ感謝祭」で過去最高の売上を更新

 国内ユニクロ事業では、売上収益が前年同期比7.6%増の2570億円、営業利益が同18.6%増の541億円と増収増益に。Eコマース販売を含む既存店売上高は同8.4%増となった。中でも、ヒートテック、ダウン、スウェット、メリノセーターなどの秋冬商品の需要が強く、売上は好調。11月に開催した「ユニクロ感謝祭」では販売が計画を大きく上回り、単月での売上は過去最高を更新した。なお、Eコマースの売上は同25.6%の増収で、売上構成比が7%へと上昇している。売上販管費比率は、広告宣伝費・物流費の大幅な削減が寄与し、同1.7ポイント改善した。

1 2

関連記事