2018.1.11

英単語の問題を自動作成…クラッシー、東工大と協同で実証研究開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベネッセホールディングスとソフトバンク(株)の合弁会社Classi(クラッシー)(株)は10日、東京工業大学徳永健伸研究室と協力し、自動で問題を作成する仕組みの実用化に向けた実証研究を1月から開始すると発表した。

 

 

 今回の実証研究では、英単語の意味を問う問題を自動作問するシステムを評価。1月~3月までの期間中、高校1年生120人程度を対象に、自動生成された問題を『Classi』のプラットフォーム上で配信し、事前のテストで測った生徒の学力と、生成された問題の正解率の相関を評価する。同社は、このうち問題を回答・集計するための『Classi』プラットフォームの提供、分析などを担当する。

 

 問題テキスト・選択肢の作成は、(1)出題者が辞書から対象語とその意味を指定、(2)機械がインターネット上のテキスト(著作権をクリアしているサイト)から対象語を指定した意味で利用しているテキストを検索し、問題テキストを生成、(3)(1)で使用した辞書を使って対象語の同義語を正解として使用、(4)問題テキストや辞書から対象語と異なる意味を持つ語を選択し、誤答選択肢を生成、(5)問題の難易度を、問題テキストの難易度、誤答と正解の意味の近さ、誤答自体の単語の難しさにより調整…といった流れで行われる。なお、生徒に問題を出題する際には、事前に専門家がチェックし、妥当な問題が作成されることを確認した上で実施する。

 

 『Classi』は、全国約2100以上の高校に導入され、有料利用者80万人以上が利用する学校向け学習支援プラットフォームサービス。1000以上の単元と6段階の難易度に分類された約7万の問題を提供している。『Classi』では今後、利用者が拡大し、幅広いレベルの問題が必要になる事態が予想されており、より多くの問題を作成する必要に迫られている。

関連記事