2018.1.10

香港・台湾向けの「成果報酬型越境EC代行サービス」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレシャスデイズ(株)は10日、完全成果報酬型の香港・台湾へ向け越境EC販売代行サービスを開始した。

 

 

完全成果報酬で越境ECの開始が可能に

 同サービスは、訪日台湾・香港観光客向けメディア「GOGO-JAPAN」(桃旅厳選)に登録している香港・台湾のユーザー約9万人に向けて商品のPR、現地通貨決済、商品発送などの販売サービスを代行するもの。メーカーやショップは、日本国内のプレシャスデイズ物流拠点に発送するだけで、越境ECを行うことができる。また、香港・台湾向け越境事業を検討中の企業については、テストマーケティングとしても活用できる。

 

 同サービスは完全成果報酬型で提供されるため、サービス手数料として売上金額の25%が掛かるほか、クレジットカード決済手数料、商品発送料金(EMSまたは国際eパケット)が必要となる。対象商品は、販売単価5000円(送料)以内の商品で香港・台湾へ輸出可能なもの。税関で受け取り拒否される可能性のある2001台湾ドル(約7000円)以上のもの、生鮮食品や酒類などは対象外となる。

 

 プレシャスデイズは、中国・台湾・香港の「中華圏」を対象とした広告代理店で、日本国内のメーカーやドラッグストアチェーン、百貨店などのプロモーションを主な事業としている。また、17年11月から越境EC事業を開始。2カ月間の顧客開拓数(BtoC)は約1000件に達した。

 

■プレシャスデイズ

関連記事