BASE、マネーフォワードと資本業務提携…FinTech開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BASE(株)は4日、同社株主のグローバル・ブレイン(株)を主要な投資会社とするファンドグループと、(株)マネーフォワードを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額15億円の資金を調達したと発表した。

マネーフォワードとサービス連携も

 調達した資金は、Eコマースプラットフォーム「BASE」や、支払いアプリ「PAY ID」、オンライン決済サービス「PAY.JP」の事業拡大に向けた開発・マーケティング費用に充てられる。

 

 また、マネーフォワードとは資本業務提携を締結。FinTechサービスの開発や、マネーフォワードの確定申告や会計アプリなどによる事業者支援などで連携する。

 

 マネーフォワードの辻庸介社長は、「BtoBやFintechサービスを提供している点で(BASEとは)シナジーは大変大きく、今後はノウハウ共有にとどまらず、サービス連携などさまざまな可能性を模索していきたい」とコメントしている。

関連記事