アサヒカルピスウェルネス、中国「京東全球購」に旗艦店オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アサヒカルピスウェルネス(株)は1日、中国の越境ECモール「京東全球購(JD Worldwide)」に、「Calpis医薬保健海外旗艦店(可尓必思官方旗艦店)」をオープンした。中国向け越境ECへの出店はアサヒグループで初となる。

 

 

「カルピス健康通販」限定商品を中国に展開

 「Calpis医薬保健海外旗艦店(可尓必思官方旗艦店)」では、中国国内の健康への関心度が高い層をコアターゲットに、「L-92乳酸菌」配合の『アレルケア』や、血圧を下げる働きが報告された機能性表示食品『ラクトウェル』などの「カルピス健康通販」限定商品(健康食品)を販売する。

 

 「京東全球購」を運営母体とする「京東集団」は、中国のBtoC-EC市場で第2位のシェアを誇るインターネット通販企業。中国におけるBtoC-EC市場規模は、日本市場の約12倍となる年間9276億ドルに達することなどから、日本製品のターゲット市場として注目されている。

 

 同社は海外旗艦店のオープンに際し、これまで健康食品通販事業で培ったノウハウや豊富なエビデンスを活用することで、中国でのユーザー拡大を図りたいとコメントしている。

 

■Calpis医薬保健海外旗艦店(可尓必思官方旗艦店)

関連記事