タワーレコードがサブスクに出店、定期・定額購入サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)現代経営技術研究所は4日、同社が運営する定期・定額購入専門のオンラインショッピングモール「subsc(サブスク)」に、タワーレコード(株)が運営する「タワーレコード・クラシック」が新規オープンしたと発表した。

 

 

ビギナーとマニア向けのクラシック2コースを用意

 サブスクは、全国の注目ショップなどが厳選したアイテムを、毎月1回届ける定期・定額購入に特化した通販サイト。出店したショップなどが定期・定額購入メニューを独自に企画し、商品を販売する。「次は何が届くか毎月ワクワクする」「今まで知らなかった、新しいお気に入りと出会える」といったショッピング体験を提供することが特長となっている。

 

 タワーレコード・クラシックでは、同社クラシック・チームがセレクトしたCDを毎月頒布。ビギナーからマニアまで幅広いクラシックファンに好まれる名曲を提案する。オープン当初は『はじめてのクラシック~タワー・セレクト』『プレミアム・クラシック~タワー・セレクト』の2コースを用意した。

 

 

 各コースの概要は次の通り。

 

 『はじめてのクラシック~タワー・セレクト』

 クラシックを聴いてみたい、これから親しみたいという初心者向けのCDセット。J.S.バッハ、ラフマニノフ、ガーシュウィンなど10大作曲家の名曲100曲超をラインアップし、10枚のCDに収録している。演奏はヨーロッパやアメリカの指揮者、ソリスト、オーケストラを中心に構成。また、ドヴォルザーク『新世界より』、シューベルト『未完成』などについては定評ある演奏を収録している。56ページの解説書付。価格は月額2500円(送料・税込)。

 

 『プレミアム・クラシック~タワー・セレクト』

 上質のクラシック知識を身に付けたい人のためのCDセット。“大人のたしなみ”をテーマに、世界のクラシック界で近年話題となったアルバムやアーティスト、クラシックの歴史的名盤の数々を国内盤・輸入盤問わず紹介する。世界で人気の女流ピアニストによるピアノ協奏曲、カリスマ性を持つ若き指揮者による交響曲など、クラシック界の最新のトレンドも楽しめる。価格は月額4000円(送料・税込)。

 

■subsc(サブスク)

関連記事