スクロール、旅行会社トラベックスツアーズ買収…旅行販売開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スクロールは12月27日、(株)トラベックスツアーズとミネルヴァ・ホールディングス(株)の株式を取得し、子会社化すると発表した。株式の譲渡日は1月31日を予定。ミネルヴァ・ホールディングスについては8億7000万円で取得する。

 

 

“モノ消費”から“コト消費”の対応を加速

 トラベックスツアーズは、日帰り観光バスツアー、スキーツアー、訪日外国人向けバスツアーなどを中心とした旅行企画事業を展開。スクロールが新たな事業テーマとしている「“モノ消費”から“コト消費”への変化に対応」に合致することなどから子会社化を決めた。今後、シニア層をターゲットに定め、スクロールグループの通販事業が持つ基盤顧客や販売促進ノウハウを活用することで、グループの全体の成長拡大を図る。

 

 一方、ミネルヴァHDはインターネットによる情報提供、通信販売とEコマースに関わる各種ソリューションサービスの提供などの事業を展開。グループ会社には、釣り・アウトドア用品などの専門ECサイト「ナチュラム」を運営するナチュラム・イーコマース(株)がある。

 

 スクロールでは、グループとしてアパレル・ファッション雑貨、健康食品・化粧品(製造を含む)の個人・組織会員向け通信販売事業とEC事業者向けのソリューション事業を展開。また、中期経営計画「みらい2018」で「M&A・提携を通じた成長」を掲げており、ミネルヴァHDの子会社化により、同社グループの通信販売事業に関するポートフォリオの拡充や、ソリューション事業のインフラ・体制強化を図りたいとしている。さらに、ミネルヴァHDへのノウハウ・インフラの共有により、事業拡大・シナジー効果が得られるものと期待している。

 

 なお、2018年3月期の連結業績に対する影響については軽微としている。

 

■トラベックスツアーズ

■ミネルヴァ・ホールディングス

関連記事