2017.12.21

「博多あまおうDX」栽培を疑似体験、楽天ラグリが期間限定企画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は2018年1月15日、同社が運営する農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)」で、先着1500名を対象に「博多あまおう」の栽培サービスを開始する。協力はJA全農ふくれん(全国農業協同組合連合会福岡県本部)。

 

 

 同サービスは、福岡県の名産品「博多あまおう」の誕生15周年を記念した期間限定の企画で、「博多あまおう」の中でもランクの高い「博多あまおうDX(デラックス)」を栽培することができる。キャンペーン期間は18年1月15日~2月15日まで。

 

サンリオとのコラボで「いちごの王さま」が畑の世話役に

 「Rakuten Ragri」は、テレファームが運営する「遠隔農場テレファーム」をベースとした楽天のスマートフォン専用コンテンツ。ユーザーはオーガニックや特別栽培農作物など、無農薬・無化学肥料にこだわった作物の中から育てる作物と生産者を選択し、水や肥料をあげたり、草・虫を取るなどの畑のお世話をしたりすることで、作物を育てる過程が疑似体験できる。作物の生育状況は生産者から配信される写真やコメントで確認でき、収穫された作物はユーザーの指定場所に産地直送で届けられる。

1 2

関連記事