2017.12.18

アスクルQ2は増収増益、売上高過去最高…純利益61%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が15日発表した2018年5月期第2四半期(5~11月)決算は、売上高が前年同期比4%増の1716億9300万円、営業利益が同36.6%減の23億900万円、純利益が同61.2%増の33億9300万円となり、売上高は過去最高を記録した。また、純利益増は「ASKULLogiPARK首都圏(ALP首都圏)」と「ASKULLogiPARK福岡(ALP福岡)」に関する土地や建物などの売却損益などを計上したことによる。

 

 

通期で過去最高益を上回る見通し

 同社グループでは18年5月期を、今年2月に発生したALP首都圏の火災から完全復活する基礎固めの年と位置づけ、商品出荷能力の回復・効率化を推進。10月に本格稼働を開始した「ASKULValueCenter日高」が順調に稼働したことで、「LOHACO」のサービスレベルはおおむね火災前の状態にまで回復した。さらに通期では、出荷能力が160%、商品数が200%にまでV字回復する見込みとなっている。

1 2

関連記事