2017.12.14

スマホ利用料を低価格に、楽天が携帯キャリア市場に参入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は14日、総務省による第4世代携帯電話システムの周波数割当受付に申請し、携帯キャリア事業への新規参入を目指すと発表した。申請が認められれば、楽天は新たに移動体通信事業(MNO)を開始し、携帯キャリアはソフトバンクグループ、NTTドコモ、KDDI(au)、楽天の4社となり、市場の競争がさらに激しくなることが予測される。 

 

低価格の携帯電話サービスを提供

 楽天は現在、ドコモの通信回線を借りる形で仮想移動体通信事業部(MVNO)の「楽天モバイル」を手掛けているが、自前の通信回線新たに携帯電話事業開始すれば、ECモールの「楽天市場」、クレジットカードの「楽天カード」など、ECとネット金融を含めたさまざまなサービスを提供する「楽天経済圏」に、消費者の生活と密接にかかわる携帯電話事業が加わることになる。 

 

 

 同社は「(周波数の割当を受けた場合)より低廉で利用しやすい携帯電話の料金を実現し、消費者を含めた社会全体の便益の最大化を目指す」としており、家計負担が拡大している携帯電話料金の減少に期待がかかる。「楽天モバイル」の契約者数は現在140万人を超え、シェアはトップとなった。このMVNO事業で得たモバイル通信事業のノウハウを組み合わせることで、携帯電話の利用料を「廉価で利用しやすい料金」で提供できるとしている。 

 

 来年の1月以降に周波数割当ての申請を実施し、新たに携帯電話事業を担当する会社を設立。2019年中にサービスを開始し、1500万人以上のユーザー獲得を目指す。 

  

1 2

関連記事