2017.12.14

日本郵便など3社、配送ロボットによる無人配送の実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵便(株)は21日、(株)ローソン、(株)東北日立、(株)ZMPと共同で、配送ロボットによる無人配送の実証実験を福島県南相馬市内で実施する。

ZMPの自動走行宅配ロボットで無人配送

 同実験は、敷地内にローソンと郵便局の仮想拠点を設置し、郵便物やローソン商品を仮想の配達先まで無人配送を行うもの。実験には、ZMPの自動走行宅配ロボット『CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)』を使用する。『キャリロデリバリー』は宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら最大時速6kmで自動走行する宅配ロボットで、遠隔監視や遠隔操作が可能となっている。

1 2

関連記事