2017.12.13

メルカリ、CtoCの通販教育「teacha」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリは12日、フリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、語学学習・習い事など、個人が持っているスキルや知識をシェアするサービス「teacha」(ティーチャ)を来春から開始すると発表した。また、同日から同サービスのティザーサイトを公開し、対応エリアにあわせ、招待制で事前登録の案内を開始した。

 

 

CtoCで得意なスキルを販売

 「teacha」は語学学習・習い事などのスキルや、個人が持っている知識のマッチングに特化したCtoCサービス。自分の得意なことや知識を簡単に人に教えることができ、興味のある内容を学ぶことも可能。語学・プログラミング・資格取得・料理・音楽・スポーツ/アウトドア・ハンドメイドなどの分野を対象とし、1時間単位から「教える」「学ぶ」ことができる。

 

 ティザーサイトでは、「教えたい」・「学びたい」人の事前登録受付と、学びの場となるスペースの提供・活用を検討している事業者、生涯学習の推進を検討している地方自治体などのパートナー募集を開始。同サービスの運営は同社のグループ会社である(株)ソウゾウが行が担当する。

 

■「teacha」ティザーサイト

関連記事