2017.12.6

「ZOZOSUIT」、注文殺到で発送を2月上旬に延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイは5日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で無料配布の予約を受付けていた採寸用ボディースーツ『ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)』の発送を、11末から2月上旬頃に延期した。

 

プライベートブランド「ZOZO」の販売も延期

 『ゾゾスーツ』の購入ページには、「現在多くのお客様に注文をいただいており、発送までお時間をいただいております」との記載があり、配送日程は2月上旬頃としている。

 

 同社の前澤友作社長は、ツイッターで「(ZOZOSUITは)想定数を大きく上回る予約を頂いており、生産拡大が急務です。明日より私も工場に出向き陣頭指揮とってきます!」と投稿している。また、11月末から販売予定だった同社のプライベートブランド「ZOZO」については、「諸事情により開始が若干遅れています。大変申し訳ありません。近日中には開始しますので少々お待ちください」とツイッターで説明している。

 

 「ZOZO」の販売が遅れていることについて、フォロワーからは「ZOZOのブランド楽しみに待ってます!」など、期待を込めた好意的な返信が大半を占めた。

 

 『ゾゾスーツ』 には、伸縮センサーが内蔵されており、トップスとボトムスの上下を着用し、スマートフォンとBluetooth通信で接続することで、1万5000箇所の寸法が瞬時に計測できる。同社は同スーツの配布し、ファッションECの課題である「試着ができないこと」「サイズ違いによる返品」の解消を目指している。

 

■『ZOZOSUIT』受付ページ

関連記事