越境EC世界ヒットランク、1位はBIGリボンのぺたんこサンダル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ラクーンが4日発表した、越境ECサイト「SD export 17年人気商品ランキング」で、『BIGリボンのぺたんこサンダル』がランキング1位となった。

 

 同調査の対象国は、世界134カ国。集計期間は2017年1月1日~11月20日。集計方法は購入店舗数をもとにした独自集計による。

 

 

1位のサンダルは日本での流行を受けて香港でヒット

 世界ヒット商品ランキングでは、『BIGリボンのぺたんこサンダル』が1位に輝いたほか、2位に『ショート丈レインブーツ』、3位に『よじのぼり猫スプーン』がランクイン。『BIGリボンのぺたんこサンダル』は、今年日本でもトレンドとなったアイテムで、日本の流行が取り入れられやすい香港からの注文が最も多かった。2位の『ショート丈レインブーツ』も香港の購入が最も多く、高温多湿で雨が多いという気候要因によるものと考えられる。3位の『よじのぼり猫スプーン』は、香港のほか、アメリカ、イギリスなどからも多く購入されている。

 

 17年は昨年に続きアジアからの購入が最も多く、流通額全体の約80%をアジアが占める結果に。購入金額で見ると1位が台湾、2位が香港、3位がアメリカの順となっている。上位3カ国のうち購入金額で特に伸びが大きかったのはアメリカで対前年比約300%アップ。購入店舗数では香港で対前年比約200%アップした。商品ジャンル別では、昨年に引き続き1位は食器・キッチン用品。他に、玩具・ホビー、日用品、ヘルスケア・コスメのジャンルも伸びている。

 

 地域別ヒット商品を詳しくみてみると、アジアでは1位『BIGリボンのぺたんこサンダル』、2位『ショート丈レインブーツ』、3位『美濃焼・粉引き皿』の順に。3位の『美濃焼・粉引き皿』は、食器の値段が高い台湾からの購入が多く、品質やデザイン性を備え、コストパフォーマンスの高い日本製の食器の購入が進んだ。

 

 北米では、1位『キャラクター ぬいぐるみ』、2位『anello・リュック』、3位『トートバッグ・柴犬』、オセアニアでは、1位『anello・リュック』、2位『木製キッズプレート皿』、3位『こども用熱さまシート』、ヨーロッパでは、1位『和風柄のれん』、2位『カモ井加工紙・マスキングテープ』、3位『BGM・マスキングテープ』がそれぞれランクイン。ヨーロッパで1位を獲得した『和風柄のれん』では、浮世絵やまねき猫など和風デザインのものが特に人気が高く、ランキング外でも地下足袋やお香、陶器、手ぬぐいなどの日本らしさのある商品に人気が集まった。

 

 「SD export」は、日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイト。15年8月からサービスを開始し、現在商品掲載数は約20万点。17年10月末現在、約650社の日本のメーカーが世界2万店舗への販路拡大ツールとして利用している。

 

■「SD export」

関連記事