2017.11.24

スタートトゥデイ、ゾゾスーツ開発のSSL社を完全子会社化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイは22日、ニュージランドのStretch Sense Limited(SSL)とコールオプション契約締結を行ったと発表した。

 

 

ゾゾスーツの技術を囲い込みへ

 同契約によりスタートトゥデイは、他のSSL株主が保有する全持分を各株主から購入できる権利を取得。将来的にSSLを100%子会社化することが可能となった。

 

 同社はSSLと共同で採寸可能なボディースーツ『ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)』を開発しており、新たなプライベートブランド事業の展開にあたっては密接な業務上の連携を行ってきた。そこで同事業が堅調に推移した場合にSSLを子会社化することを念頭に同契約を締結した。コールオプションの取得額は2000万米ドル。対象株数は2939万4591株。行使価額は1株あたり2.4535米ドル。

 

 同契約締結によるコールオプションの行使日は、日本時間の18年9月30日午後1時で、翌期(19年3月期)以降となるため、18年3月期連結業績への影響は軽微だとしている。なお、SSLを100%子会社化する場合に要する追加の出資金額は約7200万米ドルとなる見込み。

 

 SSLは、静電容量を用いた伸縮型ソフトセンサーおよびジェネレーターの開発・製造を国内外から受託する技術会社。『ZOZOSUIT』など、スタートトゥデイが行う新たなプライベートブランドのために必要不可欠な開発技術を有している。

関連記事