2017.11.22

再配達問題で「到着時間を気にするようになった」が52%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)リビングくらしHOW研究所が21日発表した「宅配利用についてのアンケート調査」によると、再配達問題に関するニュースについて「内容まで知っている」と答えた人が72.3%に上ることがわかった。また、再配達問題を知った後の自分や周囲の変化については、「到着時刻や再配達時間を以前より気にするようになった」が51.9%、「配達員をねぎらう気持ちが強くなった」が44.5%に上り、再配達が社会問題化したことで、消費者の行動や気持ちに変化が生まれていることがわかった。

 

 同調査は、全国の女性1119人を対象に実施したインターネット調査(「リビングWeb」「シティリビングWeb」「あんふぁんWeb」)によるもの。調査期間は10月4日~9日。

1 2

関連記事