ゴルフ通販サイトに不正アクセス、個人情報2339件が流出か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高商事(株)は7日、同社が運営するゴルフ用品の通販サイト「タカゴルフ」に不正アクセスがあり、個人情報2339件が流出した疑いがあると発表した。

 

クレジットカード番号・セキュリティコードも流出の恐れ

 流出した疑いがある個人情報は、2010年9月7日から17年8月16日までに同サイトでクレジットカード決済を利用したユーザーが対象となっている。流出の疑いのある情報は、クレジットカード番号、セキュリティコード(3もしくは4桁の確認番号)、有効期限、氏名、住所。

 

 同社では8月16日に決済代行会社から、同社サーバから情報流出の懸念があるとの指摘を受け、同日にクレジットカード決済を停止。同月29日に不正アクセスによって流出した顧客情報の特定や詳細な原因の究明などについて調査会社に依頼し、調査を開始した。そして9月29日に最終報告書を受領し、情報流出の事実を確認している。

 

 同事案の発生を受け、同社では(1)個人情報管理に対する意識の徹底、(2)情報セキュリティ管理体制の強化、(3)情報セキュリティインフラの整備・強化などにより情報管理体制の強化に努め、カード情報が同社サーバを通過せず、保有されないシステムに切り替えると発表。規程マニュアル類の新設・更新、教育研修、監査などを複合的に実施し、リスクマネジメント体制およびコンプライアンス体制の強化を図るとした。

 

 また、利用ユーザーに対しては、クレジットカードの利用明細の確認および再発行、ログインパスワードの変更、不審なメールに対する注意などを呼び掛けた。

 

■タカゴルフホームページ

関連記事