2017.11.13

ソフトバンクCS、Alexa対応の「スマート家電リモコン」を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクコマース&サービス(株)は8日、赤外線リモコンを使用した各種家電製品を、Amazon Alexaから操作できる『スマート家電コントローラRS-WFIREX3』をラトックシステム(株)と共同開発し、予約受付を開始した。

 

 『スマート家電コントローラRS-WFIREX3』は、スマートスピーカー『Amazon Echo』と組み合わせれば、『Amazon Echo』に話しかけるだけで、赤外線リモコン対応の各種家電製品を操作できる。また、外出先から自宅の家電を操作することも可能で、アプリで温度や照度を確認し、帰宅前にエアコンや照明の電源を入れることもできる。

 

 

外出先からの家電操作も可能に

 リモコンやスマートフォンを手に取ることなく、スピーカーに話しかけるだけで、家電製品をコントロールすることができるため、寒い朝にベッドの中からエアコンをつけたり、料理中など両手がふさがった状態でも、テレビのチャンネルやボリューム変更することもできる。

 

 同スキルは『Amazon Echo』の出荷開始より順次提供を開始する。価格は7560円(税込)。Amazon.co.jp、一部のソフトバンクショップ、SoftBank SELECTIONオンラインショップ、大手家電量販店などで販売する

 

 なお、すでに販売中の『スマート家電コントローラREX-WFIREX2』もAlexaに対応しており、アプリのアップデートによりAlexa対応スマートスピーカーと組み合わせて使用できる。

 

 両社では今後、Alexaに対応した自社開発のスキルからAlexaが提供するスマートホームスキルへの対応を進め、より自然な対話でリモコン操作ができるよう努めたいとしている。

 

「全部消して」ですべての家電をオフに

 『スマート家電コントローラRS-WFIREX3』の主な特長は次の通り。

 

 (1)Amazon Alexaに対応:音声でテレビのオンオフやボリュームの変更、番組の切り替え、エアコンのオンオフ、設定温度の変更、照明のオンオフ、照度の変更などの操作が可能。「全部つけて(消して)」と話しかけるだけで、すべての家電の電源をオンオフできる機能も備えている。

 

<操作範囲>

テレビ:電源のオンオフ、チャンネルの切り替え、ボリュームの変更、消音設定

エアコン:電源のオンオフ、温度設定の変更、除湿などの変更

照明:電源のオンオフ、照度の調整

マクロ:すべての家電製品の電源オンオフ

 

 (2)最長部約63.5mmのコンパクトサイズ:前機種『スマート家電コントローラREX-WFIREX2』から体積比で1/5以下の大きさに小型化。テレビ台やリビングテーブルの上など置く場所に困らないサイズを実現している。

 

 (3)複数の家電のリモコンをスマートフォンで操作:Wi-Fiに接続することで、テレビ・エアコン・照明など台数が多く煩雑になりがちなリモコンを1つのスマートフォンアプリにまとめ、さまざまな赤外線リモコン対応家電の操作が行える。主なメーカーの200種以上のリモコンデータをプリセットしており、機種を選択するだけですぐに使い始められるほか、プリセットされていないリモコンも学習する。

 

 (4)外出先からリモコン操作が可能:外出先から自宅の家電のリモコン操作が可能で、帰宅時にあらかじめエアコンや照明をつけて部屋を快適な状態にしておいたり、消し忘れたエアコンや照明を外出先から消したりすることができる。また、温度・湿度・照度センサーを搭載し、屋外から部屋の状態を確認できる。設定値を超えるとスマホに通知することで、在宅中の高齢者や幼児、ペットの見守りにも活用可能。屋外からのクラウド利用に付随した月額課金などの費用は発生しない。

 

■スマート家電コントローラダウンロード先

(iOS)URL:

https://itunes.apple.com/jp/app/wi-fi-xue-xirimokon/id1063944197?mt=8

(Android)URL:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ratoc.wfirex

関連記事