2017.11.8

コメ兵、鑑定付フリマアプリ「KANTE」をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)コメ兵は7日、鑑定サービス付のブランド品フリマアプリ「KANTE」を開始し、CtoCのフリマアプリ市場に参入した。

 

 

偽物購入を防止・売れない場合は買取サービスも

 「KANTE」は、同社が創業以来70年にわたり培ってきたノウハウを活かした、真贋(しんがん)判定サービス付のフリマアプリ。フリマアプリで偽物を購入するリスクを事前に防ぐことができるため、安心してブランド品を購入することができる。また、買い手がつかなかった場合でも「買取サービス」を利用して、商品を売ることが可能となっている。

 

 「KANTE」では、扱う商品を宝石・時計・ブランドバッグ・衣料品などのブランド品に限定。ユーザーの「安心してブランド品を売り買いしたい」「既存のフリマアプリの買取価格に満足できない」といったニーズに対応する。また、個人間取引では不安なブランド品を安心して購入できるようKOMEHYOが真贋の判定を実施。購入前の“ビフォアサービス”として提供する。

 

 出品する際は、スマホで売りたい商品を撮影した上で、商品の情報を入力。表示されるガイドに従って撮影することで、撮影が苦手な人でも売買や鑑定時に必要な写真が撮れる。

 

 出品後、一定期間買い手がつかなかった場合は「買取サービス」の利用が可能。「KANTE」より案内される宅配買取参考価格で売ることができる。買取を希望する場合は、宅配便などでKOMEHYOに商品を発送する。

 

■「KANTE」公式サイト

関連記事